ある日Kindleは必要ないと気づいてしまった。

スポンサーリンク

Kindleの本ってKindle端末じゃなくても読めるよね。タブレットにスマホ、パソコンでも読める。パソコンは別としてもタブレットやスマホがあればKindleって必要ないんじゃないかというその理由。

Kindle不要論。

まず最初にタブレットとKindleそれぞれの利点をあげてみる。

タブレットの利点

  • タブレットは大きな画面で見れるということ。
  • 操作性がいい。
  • マンガや雑誌、写真集なんかは電子書籍リーダーよりも見やすい。カラーのものはカラーで見ることができる。
  • 読書以外にも色々できる

Kindleの利点

  • kindleは大きな画面で読める。
  • 目に優しい画面
  • 電池が長持ち

両者の特徴を並べてみるとKindleにしかない特徴は目に優しいというのと電池が長持ちするってことくらいしか浮かばない。これってよく考えるとKindleをタブレットのように使うことはできないがその逆はできますよね。電池はバッテリーを持ち歩けばいいし、目に優しいというのもブルーライトを軽減する保護フィルムやアプリで代用できるんですよ。そう考えると物が増えるだけだしKindle(電子書籍リーダー)って必要なくない?

スマホで読書

タブレットとKindleを比較したけど今度はスマホとKindleを比較してみる

スマホの利点

  • 小さいからかさばらない。
  • 読書以外にも用途が色々。
  • 操作性が高い。
  • カラーのものはカラーで見れる。

スマホの場合はKindleよりも画面が小さいという欠点はあるが他はタブレットと同じで補うことが可能。漫画は画面が小さいと読みにくいがパソコンがあればパソコンで見ることもできる。漫画を読まない人はスマホでも充分といえる。

私は漫画は滅多にKindleで購入しないですね。1巻で終わるほうが珍しいですし全部買ってたらお金がかかりすぎます。漫画喫茶で読んだほうがいい。漫画喫茶になくてどうしても読みたいのを買うくらいです。

オーナーライブラリー

Amazonのプライム会員であればオーナーライブラリー対象本を毎月1冊無料で読むことができます。この特典を利用するにはKindleかFire端末が必要です。Fire端末を持っていないのであればKindleは必要かもしれません。しかし私はKindleだけでなくオーナーライブラリーも必要でないことに気づいてしまった。

元々わたしがKindleを購入したのはプライム会員なら毎月1冊無料で対象本を読めるというのが大きいです。実際この特典を利用して思うのですがどうしても読みたいという本ってあまりないんですよ。興味を引かれたものを読むという感じなんです。

仮にすごく読みたい本があってもこの特典はレンタルになるので次の本を読む時に端末から削除されるんですよね。そうなると読みたい様な本は残しておきたいから購入して読むことになります。

つまりすごく読みたいわけではないけど興味を引くような本を特典を使って読むことになるんですよ。

冷静になってみると時間は有限だし速読もできないから興味を引く本を読むよりもどうしても読みたい本を読んだほうが良くないかと気づいたわけです。これがオーナーライブラリー不要論です。

最後に

あくまで私の感じたことを書いただけです。価値観は人それぞれですから必要な人には必要だと思います。一つの意見として捉えて下さい。