1000円未満の預金をATMでおろすには

スポンサーリンク

ほとんど使っていない銀行口座に1000円未満の預金があることありますよね。そのままにしておくと休眠口座になりかねないです。これを有効活用しましょう。

解約しよう

解約すればすむ話ですが引っ越しなどで近くに支店がない場合もあります。

この場合近くの銀行を介して解約することは可能ですが、取立手数料なるものを取られます。これが1000円ほどかかるので1000円未満の預金だと、手数料のほうが上回って−になってしまいます。

解約は支店の近くに行く予定がある時にして、とりあえず預金だけおろしてしまいましょう。

支店は近くになくても提携ATMから引き出すことができます。しかしATMではたいてい1000円単位でしかおろすことができません。どうすればいいでしょうか。

振込んで丁度おろせる金額にする

振込手数料が無料の銀行口座を持っていれば、その口座からATMで丁度おろせる金額を振り込みます。

例えば口座に745円あるとすれば255円や1255円を振り込みます。そうすれば預け入れの合計金額が1000円単位になるので、ATMから丁度引き出すことができます。

もちろん引き出す時はATM手数料が無料の時間に引き出します。

しかし振込むには振込手数料がかかります。そこで登場するのが振込手数料が無料になる銀行です。振込手数料が無料になる口座をお持ちなら、そこから振込むことで解決です。

もしないならこの機会に口座を作ってみてはいかがでしょうか。振込手数料が無料の銀行は一つもっておくと重宝します。

代表的なのは新生銀行や住信SBIネット銀行です。この2つの銀行は無条件で月に1回無料で振込むことができ、条件次第では複数回無料で振り込めるようになります。

新生銀行であればATM利用手数料も完全に無料です。

これらの口座を作って1000円になるように振り込めば、あとはもよりの提携ATMから手数料がかからない時間に引き出して完了です。