「ポケットチェンジ」日本初外国硬貨を電子マネーに交換できるサービス

スポンサーリンク

海外旅行などで余ったお金は、紙幣であれば国内でも両替可能ですが、硬貨については今まで換金するすべがありませんでした。ポケットチェンジサービスはそれを可能としたサービスです。

ポケットチェンジサービスとは

手許に余った外国硬貨・紙幣を投入すると、両替相当金額を、電子マネーやギフトコード、クーポンなどにその場で変換可能な専用キオスク端末

引用元

補足

国内外の空港等に順次設置予定で2016年6月より、楽天株式会社の本社に設置、7月には羽田空港国際線ターミナルに設置し、サービスをスタートするとのことです。

現時点で対応通貨は米ドル・ユーロ・日本円の3つのみですがこちらも順次拡大予定だそうです。中国元なんかも近々対応されるのではないでしょうか。

交換先はSuicaやPASMO・楽天Edy・Amazonギフト券・LINEギフトなどが予定されております。 居住国で利用可能な電子マネー等に交換可能で、日本人の海外渡航者だけでなく訪日外国人もターゲットとしている。

コメント

海外旅行などで余った外貨はそのまま使われず放置されていることも多く、国内だけでも数千億円、世界的にみると10兆円規模とも推定されているそうです。

私も紙幣は両替しましたが硬貨を眠らせております。かさばるので両替する方法ないかなと検索したことがあります。それだけにポケットチェンジは待望していたサービスだと言えます。希望を言えばコンビニに設置してほしいですよね。空港だと用事がない限り行かないですから。

ポケットチェンジ