簡単なブックカバーの作り方

スポンサーリンク

基本ブックカバーは使わない派ですが、たまに例外があります。この本は汚したくないという本や、タイトル的にチョットみられたら恥ずかしい本ってあるじゃないですか。そういう本はたいていネットで購入するんですが、家で家族に見られるのもなんか嫌だなと思った時にブックカバーを自作します。その作り方です。

スポンサーリンク

作り方

作ると言っても基本折るだけなんですけどね。
カバーは新聞に入っている折込広告を使います。私は読むのはほとんど家なので、チラシの種類は特に問いません。あえて言えば光沢があってある程度頑丈そうなやつでしょうか。外に持ち出す人は百貨店や車のディーラーのチラシなんかだとそんなに違和感がないと思います。気になるならお歳暮とかの包み紙とかいいんじゃないでしょうか。

  1. ある程度頑丈そうで光沢のあるタイプ、なければ特にこだわりません。大きさだけ本に合わせます。まずチラシに本を載せます。チラシの上下を本に合わせて仮折りします。 いったん本をどかして仮折りした部分をきちんと折ります。

    s_2015%e5%b9%b48%e6%9c%8830%e6%97%a5-165658-jst

  2. 次に本をチラシのちょうど真ん中あたりに立ててチラシの横を本に合わせて折ります。
    反対側も同じように折ります。

    s_2015%e5%b9%b48%e6%9c%8830%e6%97%a5-174322-jst

  3. 本をどかして、左右の折込をきちんと折ります。

    s_2015%e5%b9%b48%e6%9c%8830%e6%97%a5-170751-jst

  4. 左右にできたポケット?部分に本の表紙と裏表紙を差し込んで完成です。

    s_2015%e5%b9%b48%e6%9c%8830%e6%97%a5-170011-jst

    s_2015%e5%b9%b48%e6%9c%8830%e6%97%a5-170104-jst

コメント

百貨店のチラシは強度あるほうですが、もっと強度つけたかったらシリアルの箱とかいいかもしれません。もしくはカバーを2重にするとか。

今回は手軽に作れるということでチラシでやりましたが、例えば履かなくなったジーパンの生地で作ることもできます。生地だと縫う必要がありますが、タブレット端末のカバーとかにもできますし、人に見られても気になりませんよ。