【Kindleセール】「江戸前の旬」シリーズ72冊が1冊10円、全部買っても720円(10/21まで)

スポンサーリンク
Kindleセール

Kindle本のセール情報です。

寿司マンガ「江戸前の旬」の第100巻が発売されたのを記念して、『江戸前の旬シリーズ10円フェア』が3日間限定で開催中です。

スピンオフ作品を含めた5タイトル72巻が対象、全部買っても720円なのでそのままポチってもいいレベルです。

また読み放題サービスのKindle Unlimited対象なのでそちらで読むのもありです。(ちょうど対象の方は3ヶ月199円で利用できるキャンペーンを開催中です)

>>Kindle Unlimitedはこちら

セールは2018年10月21日までの3日間限定,、お見逃しなく!

スポンサーリンク

江戸前の旬シリーズ10円フェア

全100巻中50巻まで10円均一、50巻買うと500円。

銀座『柳寿司』三代目・柳葉旬。柳寿司の末っ子として生まれ、父親の跡を継ぐために寿司職人となって迎えた二度目の春――。寿司職人として大輪の花を咲かすべく、ただ今奮闘中!!

全14巻、全部買うと140円。

 昭和39年――みゆき族が銀座を闊歩し、新幹線が開通。誰もが「恋のバカンス」を口ずさみ、強く、たくましく生きた。そんな時代の柳寿司、そんな時代の鱒之介、江戸前寿司物語。

全3巻、全部買うと30円。

「江戸前の旬」の主人公・柳葉旬と、その親友にしてライバル・吉沢大吾。彼らがまだ互いを認め合う前の、若き日の壮絶な寿司バトルの数々を描く異色作。
高校の同級生だった二人が、同じ寿司職人の道を歩む事によってライバルと化す!!
「銀シャリ!!」と「江戸前の旬」をつなぐ物語。

全3巻、全部買うと30円。

姫野さくら18才――桜咲く北の地・松前の可憐なさくらが、今、青春を投げ打って、江戸前寿司の荒波へ――!!

全2巻、全部買うと20円。

寿司漫画の金字塔「江戸前の旬」スピンオフ最新作の舞台は、回転寿司店!!
美味しく、安く、そして楽しいのが回転寿司。そう信じる回転寿司チェーンの開発担当・篠崎沙羅が、お客さんが虹を見たときのようなときめきや幸福感を味わえる「虹のひとさら」を作るべく、日々奮闘する!!