スポンサーリンク

マンガ名作フェア「妖あどろ」「野獣警察」11円セール(〜5/16)

Kindleセール

Kindleマンガストアで「妖あどろ」、「野獣警察」の2タイトルが全巻11円均一の『読んでおきたいマンガ名作フェア』 が開催中です。

「妖あどろ」は全5巻でまとめ買いしても55円、「野獣警察」は全28巻でまとめ買いしても308円、2タイトル全巻購入しても363円と格安になっています。

1冊から購入できますがこの価格ならまとめ買いしてもいいレベルですね。

2タイトルとも全巻Kindle Unlimited対象なので、そちらで読むという手もあります。

セールは5月16日23時59分まで、あなたのマンガコレクションに加えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

読んでおきたいマンガ名作フェア

麻利亜は、日本全国数万人もの不良少女達を束ねる「党・麻利亜」の女王。並外れたカリスマ性で熱狂的な支持を受けている。ところが横浜の一部を統率している幹部・阿也が反旗を翻した。「党スネーク」を率いて麻利亜の仲間をリンチにかけたのだ。そうして大規模な抗争の火蓋が切られたのだが、やがて少女達は麻利亜の本当の恐ろしさを知る事になり…。――炎で焼かれても死なず、人を支配する力や念動力を持った女子校生・麻利亜とは一体何者なのか!?

俺は金と女がたまらなく好きな、私立探偵の日暮掟。素っ裸でビルから落下した女を目撃した。すぐに犯人らしき二人がビルから出てきたのを追う。それは政界のドン・平沼義太郎の秘書・前川と、孫の憲太郎だった。祖父の地盤を継いで代議士に立候補する憲田郎が覚醒剤中毒の愛人を処分したという図式だ。俺は目をつむる代わりに1億円を要求してやった。ところが相手の払ったのは、3百万円。前川は毒殺された。俺を舐めるな!

その他開催中のKindleセール

【Kindleセールまとめ】今週の新着セール一覧
このページではKindle系のお得なセール・キャンペーン情報をピックアップしてまとめています。★印がついているものはおすすめのセールやキャンペーンです。Kindle日替わりセール【本日のKindle日替わりセール】・地雷を...