スポンサーリンク

格安SIMのおすすめIIJmioを11個の特徴で紹介

格安SIM

格安SIMカードはたくさんあるので選ぶときに悩む人もいるでしょう。私も契約する前は色々悩みましたので参考になるかと思い現在利用しているIIJmioを紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

IIJmioの特徴

  1. どれだけデータ通信をしたかがアプリで確認できる
    データ無制限なら確認する必要ないかもしれませんが、月の通信量が決まっているなら最低限確認出来る必要があります。ホームページでも確認できますが、毎回ログインするのは不便です。みおぽんアプリをインストールすれば気軽にチェックできます。

  2. 高速通信と低速通信を切り替えることができるのでデータ通信の節約をできる
    切り替えにはiOS、Android対応のみおぽんアプリが簡単でおすすめです。

  3. 高速通信を使いきっても低速でインターネットすることができる。
    仮に高速通信のデータ容量を使いきってしまっても低速でインターネットにつなげることができます。
    低速だと最大200kbpsで動画は無理だがメールやネットサーフィンは普通にできる。

  4. 高速通信を使いきってもクーポンを追加することで高速通信できる
    先に高速通信を使いきっても低速でネットに接続できるといいましたが、低速でなくて高速で接続したい場合にオンラインでクーポンをチャージすることができます。1枚100MBのクーポンを1ヶ月に最大30枚までチャージすることができます。

  5. プランの変更ができる
    月末の1日前までにプラン変更をすれば翌月に変更したプランが適用される。あまり使わない月はデータ通信の少ないプランに変更したりその逆も柔軟に対応できる。

  6. 高速通信で制限がない
    無制限のデータ通信であってもデータ通信量が決められた期間に一定量を超えると速度制限が入ったりする会社もあります。IIJmioでは高速通信には制限がありません。低速だと3日あたりの通信量が366MBを超えると速度が制限される。公式には制限される場合があるとあり、実際超えても少しの間使えたりすることもある。

  7. 余った容量は翌月まで持ち越せる
    高速と低速をこまめに切り替えて利用すれば、翌月に持ち越せる高速データ通信量が多くなって、来月はプランのダウングレードをすれば料金の節約になる。

  8. 最低利用期間
    利用開始日の翌月末日まで。
    利用開始日から料金が発生するので、月末31日に利用開始したら1日しか利用しなくてもその月の料金が発生して、翌日には翌月分の料金が発生する。しかしデータ残量は翌月まで持ち越せるので無駄にはならない。例えば普段1ヶ月に10G利用するのであれば月末に5Gで契約すれば、翌月分と合わせて10Gになる。翌月の末日までにプランを10Gに変更すれば無駄なく利用できる。なお音声通話機能付きSIMは1年以内の解約には違約金が発生するので注意。 

  9. 高速通信も低速通信も使えない状態
    その月の高速通信を使いきっても低速でネット接続できますが、低速で3日間の通信量が366MBを超えると「OFF時 通信規制中」とみおぽんアプリに表示され速度が極端に制限されます。こうなるとほとんど使い物にならなくなりますが、IIJmioの会員用ページへはLTE/3Gの速度で通信可能となっています。会員ページへ行ってクーポンを購入すればこの状態から復活できます。

  10. ファミリーシェアプラン
    ファミリーシェアプランは10GBです。これを1人で利用してもいいですが、SIMカードが最大3枚まで発行できるので複数の端末で利用したり家族で利用したりできます。単純計算で3人でデータ量を3分割すると約3.3GBです。料金は853円(税抜)2分割でも1280円(税抜)と1人で3GB契約するよりも安くてデータ量もお得です。またデータ量は3人で10GBであって1人あたり3GBに分けられるわけではないです。1人が2GB使って1人は3GB1人は5GBというように使えます。

  11. みおふぉんダイアル
    音声通話機能付きSIMを契約しているなら「みおふぉんダイアル」という専用アプリを使って通話すれば通話料が50%になる。固定電話、携帯電話へかけられて国際電話も安くなる。110番、フリーダイアルなど3桁の番号へはかけられない。IP電話じゃなくて電話回線なので音声のとぎれや遅れもなく音質も安心です。

料金

データ通信専用SIMデータ容量月額料金SIMの枚数
ミニマムスタートプラン3G900円(税抜)1枚
ライトスタートプラン5G1520円(税抜)1枚
ファミリーシェアプラン10G2560円(税抜)最大3枚
SMS機能付きSIMデータ容量月額料金SIMの枚数
ミニマムスタートプラン3G1040円(税抜)1枚
ライトスタートプラン5G1660円(税抜)1枚
ファミリーシェアプラン10G2700円(税抜)最大3枚
音声通話機能付きSIMデータ容量月額料金SIMの枚数
ミニマムスタートプラン3G1600円(税抜)1枚
ライトスタートプラン5G2220円(税抜)1枚
ファミリーシェアプラン10G3260円(税抜)最大3枚

経験談

現在進行形で利用しておりますがかねがね満足しております。過去にはデータ専用SIMで通話は無料アプリを利用して通話しなければ0円でしたので、月の通信料は1000円で収まっていました。今はSMS機能付きSIMでファミリーシェアプランの10GBです。料金は2918円です。他にもっと安いSIMはありますが、柔軟に対応できるのでIIJmioを利用しております。実際先月は5GBプランを契約していました。動画を殆どみないならミニマムスタートプランもおすすめです。3GBじゃ少なく感じるかもしれませんが、上の特徴で上げたとおり高速と低速を切り替えれますし、残ったデータ量は翌月まで持ち越せますので普通にネットサーフィンするだけなら充分です。接続時間によってはいちいち低速に切り替えなくてもいいでしょう。

まとめ

IIJmioの高速データ通信は非常に柔軟性のあるサービスです。動画のハードユーザーでない限りライトユーザーからミドルユーザーまでカバーします。

IIJmio(みおふぉん)

関連記事

格安SIM
スポンサーリンク
フォローする
うらがみちょう