ビデオテープを処分したい

スポンサーリンク

昔録画したビデオテープや8mmテープ、処分したいのは山々だけどまだ見ていないものやもう一度見たいものだってある。そんな貴方におすすめの処分方法。

スポンサーリンク

ビデオテープのまま残しておくリスク

ビデオデッキの製造はとっくに終了しています。ビデオデッキが壊れてしまったら観ることができません。修理できたとしても高くつくのが想像できます。

リサイクルショップに行けば販売していることもありますがいつまでもあるとは限りません。またビデオテープも劣化しますのでいざ見ようとした時に視聴できないかもしれません。そこでデジタル化してしまいましょう。

ビデオテープをデジタル化する

デジタル化してしまえば映像の劣化を防げますし、ビデオテープやデッキを処分して物を減らせます。デジタル化は量が少なければ業者に頼んで、多ければ機器を購入して自分でやると安上がりです。

デジタル化するにはデジタル化する機器が必要になります。おすすめはアイ・オー・データのアナ録 です。ビデオデッキとケーブルでつなぐだけ、デジタル化するのにパソコンを必要とせず進行状態をモニタで確認できます。

データはSDメモリーカード・SDHCメモリーカード・USBポータブルハードディスク・USBメモリーに保存できます。SDカードスロットが2つあるのでダビングも可能です。

またカセットテープやラジオの音声録音にも対応しており、古いカセットテープがあるなら一緒にデジタル化できます。

休日にでも一気にやってしまいましょう。