年賀状はアプリで作って送る時代「スマホで年賀状2017」で簡単自作

スポンサーリンク

もうじき年賀状を出す時期ですね。
皆さん年賀状どうしてますか?

今だに手書きですか。出す数が多いと書くの疲れますよね。
デザインなんかどうしてます?

既成品だとなんかとりあえず書いて出した感がありませんか。
毎年悩んでいるような気がしますが今年からは悩まなくて良さそうです。
いいもの見つけたんで紹介しときます。

スマホで簡単に年賀状を作れるサービスです。

スマホで年賀状2017

sumaho-de-nengajo

スマホで年賀状2017というアプリ。
これを使うと家にいながら年賀状を出すことができちゃいます。
年賀状を買いにいかなくていいし、プリンターも年賀状作成ソフトもいらない。文字を書かなくてもいいので手も疲れません。

しかも無料です。

使い方

使い方は直感的操作で簡単。
テンプレートを選んで写真やメッセージを入れるだけで簡単にオリジナル年賀状ができあがります。
おおまかな流れは以下の感じ

①デザインを選択

②写真の追加

③デザインの編集

④宛名をスキャン

⑤注文

①テンプレートの選択

img_3283

初めに元となるデザインテンプレートを選びます。
デザインは写真ありとなしから選べます。写真なしはイラストのテンプレートになります。
全部で700種類以上もあるので多すぎて選ぶのに困るかもしれません。
デザインを決めたら普通紙と写真用紙どちらで作るかを選択します。
イラストデザインの場合、選択したデザインによっては写真用紙でつくるが選べないものがあります。

②写真の追加

img_3278

写真なしデザインを選択した場合はこの作業はありません。
写真ありデザインを選択した場合は写真を追加します。
写真はその場で撮影して追加するかカメラロールの写真を追加します。
選択したデザインに写真を追加する箇所が複数ある場合はすべて追加します。

③デザイン編集

img_3282

定型文が挿入されるので必要に応じて書体や文字を編集します。
挿入場所を変えたり拡大したり縦書きなど編集できます。
280種類のデコレーションスタンプで飾り付けも可能です。

④宛名挿入

img_3284

手書きする必要なくても送り先が多いと入力も大変です。でも大丈夫。宛名スキャンで簡単に自動登録できます。

⑤注文

img_3281

直接相手に届ける他、自宅やツイッターの友達、メールで送ることができます。
自宅への配達は650円のゆうバック代がかかります。

15時までの注文で翌日出荷。最短翌々日お届け

利用料金

サンプル注文は無料

1枚から注文可能。10枚以上の注文でまとめ割。
印刷代の他にはがき代が1枚につき52円かかります。

・10枚以上の注文でまとめ割
・10枚以上 10%OFF
・30枚以上 20%OFF
・50枚以上 30%OFF

1枚あたりの印刷料金

印刷代金 普通紙 写真用紙 寒中・喪中
1〜9枚 78円 108円 68円
10〜29枚 71円 98円 62円
30〜49枚 63円 87円 55円
50枚以上 55円 76円 48円

支払い方法はクレジットカード・コンビニ・郵便局払い ・Yahoo!ウォレット決済・キャリア決済(アプリ版のみ)・コンビニで購入できるVISAプリペイドカード。

コンビニ・郵便局払いは決済手数料として200円がかかる。また支払い可能金額の上限は108000円(税込)で「メールアドレス」または「Twitterで送る」を選択した注文が入っている場合、コンビニ・郵便局払いは選択できない。

サービス期間は2016年11月1日(火)〜2017年1月15日(日)となっている。

スマホで年賀状2017 写真つき年賀状を作成できる無料アプリ

スマホで年賀状2017 写真つき年賀状を作成できる無料アプリ
開発元:CONNECTIT Inc.
無料
posted with アプリーチ