Spotify(スポティファイ)有料と無料の違い、体験レビュー

世界で1億人以上のユーザーを持つ世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotify。招待コードをもらったので早速試してみました。

登録のながれ

  1. アプリかサイトから招待コードをリクエスト
  2. コードがメールで来たら画面の案内に従って登録する
  3. 登録が終わるとFree会員になり制限付きで利用できる。
  4. 制限付き機能を使おうとするとプレミアムの無料体験をするかどうか聞いてきます。
  5. 体験するを選択するとすぐに7日間の無料体験がはじまります。

30日間の無料体験をするときはクレジットカードの登録が必要です。7日間と30日間の無料体験はクレジットカードの登録と期間が違うだけです。

7日間は支払い方法が未登録なので7日を過ぎたら自動でFree会員に戻ります。30日間の体験は期間を過ぎると自動で課金されます。

無料と有料の違い

Spotifyには無料のSpotify Freeと有料のSpotify Premiumがあります。

無料プランの場合は利用するデバイスによって制限があります。パソコンとタブレットで利用する場合に30日あたり最大15時間までの視聴制限と、広告にサポートされた3000万以上のカタログへのアクセスに制限されます。

スマートフォンから利用する分には聴ける楽曲に違いはなく、無料プランでも新曲を聴くことができます。じゃあ何が違うのかって言うと、無料プランでは広告が挿入されたり、任意の楽曲を選択して再生できないなど主に機能面の制限がつきます。

比較 Spotify Free(無料プラン) Premium(有料プラン)
月額料金 0円 980円
シャッフルプレイ
広告 あり なし
曲のスキップ 1時間に6回まで 無制限
オフライン再生
全トラック試聴
音質 普通 最高
海外利用 14日まで

その他共通機能

  • 楽曲を押し続けると約30秒の試し聴きができる。押し続けた状態で指をスライドさせると次の曲、その次の曲と連続試聴できる。
  • 一部の楽曲は歌詞を表示することができる。
    再生中バーの左に「歌詞」とあれば表示できる。「歌詞」をタップして全画面にすると歌詞が表示されます。

Spotifyは海外で使えるのか

プレミアムプランは世界中どこにいてもインターネット環境があれば利用できます。またインターネット環境がなくてもダウンロードしておけばオフライン再生することができます。

フリープランは著作権の問題等でアカントに設定された国を出国すると、14日以上使えなくなっています。それ以上使う場合は有料のプレミアムプランにアップグレードするか、アカウント情報に登録されている国を変更する必要があります。

感想

音質に関しては正直違いが分かりませんでした。いいイヤホンとか使ってれば分かるのかもしれません。

任意の楽曲を選択して再生できませんが自分はあまり曲とか知らず、流しっぱなしにして使うので特に不便には感じず、スキップについても1時間に6回まではできるので同じく不便に感じなかった。

広告は15秒の音声広告が1本だけ流れることもあれば3本連続でながれることもあった。しかしそんなにしょっちゅう流れるわけでもないので特に気にならなかった。

「この映像を見たら30分間広告無しで利用できます」という広告が流れていましたが、広告自体30分間で1度流れるか流れないかって感覚レベルです。

海外利用は14日も使えれば普通の旅行や出張では充分でしょう。

そうなると有料にするかどうかの決め手はオフライン機能あたりかなと思っています。自分はストリーミング派なので無料で充分かなぁ。

肝心の楽曲ですが、邦楽が少なく感じます。外国から来たサービスなので当たり前ですが洋楽が中心ですね。音楽に疎いのでよく分かりませんが新曲もあるみたいです。

はじめは無料だとどうせ月に10曲制限とか広告も鬱陶しいんだろうなと思っていたら無制限に聴けて広告も気にならないレベルです。

邦楽の充実次第では他の音楽ストリーミングサービスを駆逐してしまいそうな気がします。なんたって無料で聴けるというのがすごい。しかし無料のFree会員ばかりになりそうな気も。。。

試してみたいと思った方は招待コードを申請してみてください。

招待コードのリクエストはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事