メディア買取ネットは書き込みのある本も買い取ってくれる

スポンサーリンク

年末なので大掃除の一環でものを少しずつ処分しております。
今回古本の一部を買い取ってもらったのでリポートします。

書き込みのある本の買取

今回買取をしてもらったのは「メディア買取ネット」です。
ここを選んだのには理由があります。

m-kaitori-1

それは多少の書き込みであれば買取対象となると書いてあったからです。

また雑誌は買取対象ではないですが、専門的なものなら買取可能な場合ありと書いてあったのもポイントです。

本の買取業者はたくさんありますが、通常どこも書き込みのあるものや雑誌などは買い取りできない商品に分類されています。

今回買取に出そうと思っている本の中に、書き込みのあるものや雑誌なんかもあったのでここを選びました。

メディア買取ネットの買取の流れ

買取のおおまかな流れはこんな感じ。

①買取を申し込む
②梱包
③配送
④査定
⑤振り込み

ダンボールが必要な場合は申込時に希望すれば送ってくれます。
はじめて利用する場合は本人確認できる免許証などのコピーを箱の一つに入れて送る。

ダンボールももらえて荷物をおくる送料、査定後返品する場合の送料、買取金の振り込み手数料が一切かかりません。こちらが負担するものがないのは嬉しいところ。

メディア買取ネットを利用した感想

12月3日に申し込んで振り込まれたのが12月9日でした。ダンボールを送って貰う場合は1日か2日長くなると思います。

何冊を買取に出したのか記録していなかったので正確ではないですが、大小3つの箱で100冊は超えていました。

査定結果は合計金額のみがメールで報告されます。金額に納得したら「この金額で買取お願いします。」などと返信すればしばらくして振り込まれます。

img_3316

半分以上は何かしら書き込みがしてあったと思います。
雑誌も買取りしてもらえるかどうか分かりませんが10冊近くありました。
買取りできないものも何冊かはあったと思います。

書き込みしてあるものは買取できてもかなり安くなることは予想していたので、0円よりはましかなという感じで出しました。

その割には意外と査定結果が悪くなかったので満足です。正直2000円から3000円くらいで売れればいいかなと思っていました。

書き込みのある本は売れないと思っていたあなた、物は試しメディア買取ネットを試してみてください。

ちなみにメディア買取ネットのホームページでは高価買取中の本が、毎週更新でリストアップされています。

このリストに処分しようと思っている本が入っていれば高価買取のチャンスですぞ。

メディア買取ネット

関連記事
買取金額が確認できるAmazon買取サービスで本を買取りしてもらった