リストを制して人生を制す「リストマニアになろう!」レビュー

スポンサーリンク

この本にはリストを作るメリット、リストの作り方。作ったリストをやり遂げるための工夫。リストの活用法、リストづくりにおすすめのアプリなどが書かれています。

リストがあれば時間やお金の節約になるだけでなくストレスも減らせる。そして人生も変えられる!と著者は言う。リストを作って理想の自分を手に入れる為のノウハウ本です。

人生のあらゆる状況にできるだけ備えておけば、効率的に物事を進めることがとても簡単になります。

誰もがリストづくりや調べものに燃えるわけではないでしょう。でも、だからこそ、この本を書いたのです。あなたが人生を取り戻し、途方に暮れなくてもすむよう、お手伝いするために。

リストというとTO DOリスト(やることリスト)が思いつきますが何もTO DOリストだけがリストじゃありません。買い物リスト・やりたいことリスト・旅行の荷造りリストなどそれこそあらゆるものがリストにできますね。巻末には付録として3つのリストがついています。

スポンサーリンク

リストを作りたくなる

あらゆるものがリストにできる。リストは物事を効率的に進めるだけでなくその時々で自分を導いてくれる人生の羅針盤だとこの本を読んで感じました。

何かを選択する時に正しい判断ができるとは限りません。しかし前もってリストを作っておけば、リストを確認することで適切な道に進むことができます。

今まではTO DOリストとか軽く見ていましたが考えが変わりました。早速いろいろリストを作っていますが、リスト作り楽しいです。

リストは書くだけでもストレスが和らいだり、やる気が出たり、思考能力が高まったりといい影響があります 。この本を読むとリストを作りたくなることうけあいです

リストはツールであって目的ではない

リストは作って終わりではありません。よく聞くのがリストを作ったことに満足してしまい、結局やり遂げられないで終わってしまうということ。

実際私は過去にTO DOアプリでリストを作ったことがあったのですが続きませんでした。これに対してリストマニアの著者はやり遂げるための6つの方法を紹介しています。

例えば具体的に書くというのがその一つです。「要らない物を処分する」と書くよりも「古い携帯電話と壊れたパソコンを処分する」と書いたほうが目標がはっきりして方向性が外れません。またリストを他人に任せるというのは新鮮な発想でした。

リストは書くだけでもいい影響がありますが、あくまで目的を達成するためのツールであってそれ自体が目的ではないということは忘れてはいけません。その為のノウハウも非常に参考になります。

「リストマニアになろう!」はリストに可能性を感じさせてくれた本でした。