LaLaCallのコールバック設定ができない

スポンサーリンク

無料通話アプリlalacallの初期設定に、本人確認のために入力した番号に電話がかかってくるコールバックという処理があります。この点でつまづいたので後続の方の為に書き残しておきます。

概要

本人確認に自宅の電話番号を入力すると自宅に電話がかかってきます。この時自動音声にしたがってLaLa Callアプリに表示される4桁のコードを入力し、一致すると確認処理が完了します。

ダイヤル回線だとコールバック設定ができない

自宅の電話がプッシュ回線だと問題なく処理が終了するのですが、ダイヤル回線だとコードの確認が取れませんでしたとなって初期設定が完了しません。自宅の電話がダイヤル回線の人はプッシュ回線に変更する必要があります。

トーン(プッシュ)回線にするには「*」ボタンを押した後でコードを入力すればOKです。電話機によっては「トーン」ボタンや「PB」ボタンがあるかもしれません。

キャンペーン

lalacallは公式サイトだと1月31日まで月額基本料100円が3ヶ月無料です。
IIJmioユーザーは1月31日までにIIJmioサイトから申し込むと1年間無料になります。
mineoユーザーは契約中はずっと無料になります。(minioプリペイドは対象外)

※通話料は別途かかります。

私はIIJmioユーザーなので特に使う予定はありませんでしたが、1年間基本料が無料なのでとりあえず申し込みました。状況にもよりますが私が試した時は会話の遅延は多少ありますが音声自体はクリアでした。

3G端末では試してませんが無料通話アプリは基本LTEで利用するのがいいと思います。以前違う無料アプリを3G端末で利用した時は遅延もひどかったですし、会話自体が途切れることも多くとても使えるレベルではありませんでした。

あまり電話しない人は通話アプリやLINEなどを利用すれば電話料金の節約になります。選択肢の一つとして試してみるのもいいかもしれません。

関連記事
【IIJmio】通話アプリLaLa Callが1年間無料【契約者限定】