引っ越した場合に旧住所の印鑑登録は廃止手続きが必要?

スポンサーリンク

引っ越しをすると引越し先の役所で印鑑登録をしますが、前の住所でつくった印鑑登録証はどうなるのでしょうか?そのままにしておくと印鑑登録証が2重になって問題になるのでは?そんな疑問に答えます。

同じ市内へ引っ越した場合

引越し先が同一市内であれば、印鑑登録の廃止手続きは特に必要ありません。転居届の手続きをした時に印鑑登録した住所も自動で変更になります。

市外へ引っ越した場合

引越し先が市外の場合も印鑑登録の廃止手続きは必要ありません。転出届を出した時点で今まで住んでいた住所で登録した印鑑登録は、自動的に廃止されることになります。印鑑登録証は自分で破棄するか役所に返却してください。

印鑑登録証が必要な場合は転入先で新たに作ってください。その際は登録する印鑑と身分が確認できる本人確認書類(運転免許証・保険証・パスポートのいずれか)が必要となります。

代理人による申請手続きもできます。その場合は委任状、代理人の印鑑、本人確認書類がさらに必要になります。申請費用は市区町村によって若干変わりますが数百円ほどです。

まとめ

各種変更の手続きを役所でしっかりやっていれば、印鑑登録も自動で住所が変更されたり、廃止されたりします。こちらから廃止手続きが必要な場合は登録してある印鑑を変更したい場合。登録した印鑑を紛失した場合。または何らかの理由で登録を廃止したい場合などがあげられます。