アドセンスの収益アップ!?アンカー広告と全画面広告の設置

スポンサーリンク

Googleアドセンスで革新的な広告フォーマットとしてページ単位の広告がベータ版として使えるようになっていたので早速設置してみました。

スポンサーリンク

概要

ページ単位の広告はモバイル専用の広告でGoogleアドセンスの1ページあたりの広告上限数3つに含まれません。広告はアンカー広告と全画面広告の2種類があります。どちらか片方だけの利用も可能となっています。

Googleによるとページ単位の広告は高い収益が期待され、サイト訪問者にとって利便性が高い場合のみ表示されるように最適化されているそうです。

ページ単位の広告の設置

Google AdSenseの作業

  1. Googleアドセンスにログイン
  2. 「広告の設定」
  3. 左サイドバーの「ページ単位の広告」
  4. 「ステータス」をON
  5. コードを取得

今回ははてなブログに設置します。

  1. ダッシュボードから「設定」
  2. 「詳細設定」
  3. 「headに要素を追加」にペースト
  4. 「変更する」をクリックして保存

全画面広告は最適なタイミングでしか表示されないのでプレビューツールで表示をチェックします。

  1. モバイル端末で広告を設置したブログ等にアクセスします。
  2. 任意のページを開いたらアドレス欄の末尾に「#googleads」と入力してページを更新します。
  3. 画面上部に何か出現するので右上の「English」をタップして日本語を選択。
  4. アンカー広告は全ページで表示されるので「モバイル全画面広告」を選択。
  5. 一部の内部リンクが紫色に変化したらどれか一つクリックしてみましょう。全画面広告が表示されたと思います。

アンカー広告

画面下端に常時表示される広告。追尾するタイプではないので思ったより気にならない。広告としては控えめで気づかれないこともあるかもしれないと思わせる。

気になる場合はタブをタップすれば簡単に非表示にできる。スマートフォンを横向きにすると表示されない。このアンカー広告はトップページやカテゴリページなど全て?のページで表示されるようだ。

モバイル全画面広告

名前の通り全画面で表示される広告。ページの読み込みの間に表示される。ページを表示した時ではなくページから離れる際に表示される。

不規則でどんな時に表示されるのかがよく分からない。Googleがいうには最適なタイミングでしか表示されないそうだ。サイト内にコードを貼っているので外部サイトのリンクを踏んだ場合は表示されないと思う。

モバイル全画面広告は毎回表示されるわけでない。固定ユーザーが多いとうっとおしいと思われるかもしれないが、検索からの訪問者が多いサイトなら貼っておいて損はないのではないか。

コメント

気になるのはクリック単価と他のアドセンス広告への影響。アドセンスは単価の高いものが上から順に配信されます。アンカー広告が表示されることによって、他のアドセンス広告の単価に影響がでるのか。またアンカー広告のクリック率が良くても、単価が低いと逆に利用しないほうがいいということになりかねない。しばらく注視していきたいと思う。