はてなブログでAmazonの商品を紹介したらはてなキーワードに飛ぶ

スポンサーリンク

はてなブログでAmazonの商品リンクを踏むと、Amazonのページに行くと思いきや、その商品のはてなキーワードページへ行くことがある。このように、はてなキーワードページを挟まずに、直接Amazonにリンクさせるやり方を紹介。

その際のリンクは、こちらの過去記事でも書いたが、ユーザビリティを考えて別ウィンドウで表示させるのが良いと思う。

www.uragaminote.com

過去記事でこのように書いた

エディタのリンクで貼った場合

埋め込みリンクを貼ると別ウィンドウでAmazonに飛ぶ
タイトルリンクだと同ウィンドウでAmazonに飛ぶ

編集サイドバーのAmazon商品紹介でリンクを貼った場合

詳細リンクだと同ウィンドウでAmazonに飛ぶ
画像リンクだと同ウィンドウではてなキーワードに飛ぶ
商品名リンクだと同ウィンドウではてなキーワードに飛ぶ

画像リンクと商品名リンクだとなぜかはてなキーワードのページが間に入る。
このはてなの仕様を知らない人からしてみれば、予期せぬページに飛ばされたと思うのではなかろうか。

スポンサーリンク

1.Amazon商品紹介機能を使わずに、ブログエディタのリンクを使う。

f:id:gamiura:20150718171810p:plain
過去記事の引用から分かる通り、はてなキーワードを通さないルートは3つある。
そのうち2つは同ウィンドウで開く。
別ウィンドウかつ、Amazonに直接飛ぶのは1つしかない。

埋め込みリンクだと別ウィンドウでAmazonに飛ぶ
f:id:gamiura:20150718171838p:plain
URLにアドレスをコピペしてプレビューをクリック
埋め込みにチェックを入れる
リンクを挿入

2.別ウィンドウでリンクさせるhtmlタグ

もう一つのやり方は、自分でhtmlタグを貼ってしまう方法だ。
以下のhtmlタグをコピーアンドペーストして、アドレスとリンク先名を書き換える。

<a href="ここにアドレスを入れる" target="_blank">ここにリンク先名を入れる</a>

タグを辞書登録しておけば手間軽減になる。

はてなキーワードのAmazon商品ページは収入アップになるか?

f:id:gamiura:20150718180746p:plain
はてなキーワードページヘ飛ぶ問題に関して、下記ブログでは収入アップにつながるかも的な記事を投稿している。

参考記事
はてなが自動生成してくれるAmazon商品ページを徹底検証!使い方によってはお小遣いを稼ぐことが出来るのかも?

はてなキーワードページに飛んだあと、そこから商品が購入されると自分の収入になる。
(※事前にAmazonアソシエイトIDを設定する必要あり)
自分が紹介した商品以外に、関連商品も表示されるが、これらのリンクから商品が購入されても収入になる。

ただ、私は逆に収入減に繋がる可能性もあると思う。
商品の詳しい内容を知りたくてクリックしたら、商品の説明ではなくキーワードページだったとしたら。

期待したページでなかったら元のページに戻るか、ページを閉じられてもおかしくない。
また他人のブログ記事へのリンクもあるので、そちらにそれていってしまう可能性もある。

まとめ

キーワードページを挟むか挟まないかで収益は変わるかもしれない。
より多くの収益を目指したいのなら、自分でテストするといいだろう。

ただユーザビリティを考えた場合、リンクをクリックした人はキーワードページに行きたくてクリックしたわけではないと思う。

知らない人がクリックしたら、「なんか変なページに来た」と感じるのではないだろうか。

ブログを書く立場としても、記事の確認でリンクを踏んだら、意図しないキーワードページが出て戸惑った。

そういったことを踏まえると、少なくとも、アマゾンアソシエイトをやっていない人は、
はてなキーワードページへ飛ばさないようにするのが良いのではと思う。

追記
上記記事のように思っていたのだが、埋め込みリンクだと本を紹介した時に本の写真が表示されなかったりする。
手間があまりにもかかるので、負担が大きい。などの理由から、記事を書くのを優先するためあまり気にしないようにした。

追記2
その後いい方法が見つかりこれで解決しました。リンクを自動で別ウインドウ表示してくれます。

リンクを別ウインドウで表示