体臭は変えられる。臭いを抑える食事

スポンサーリンク

体臭を簡単に説明すると、エクリン汗腺から出る汗を、皮膚常在菌が垢や皮脂と一緒に食べて分解することによって臭いが発生します。俗に汗臭いと言いますが汗だけでは臭わないのです。この体臭ですが人によってにおいが全然違いますよね。どうしてなんでしょうか。

食べ物とニオイの関係

普段なにを食べているかによって体臭は変化します。肉食やお酒ばかり飲んでいる人は体臭がきついです。そういった人でも食生活を改めると体臭が臭わなくなります。

私の知り合いにもいましたが、いつも体臭がきつかったのが、結婚してから臭わなくなりました。結婚前は外食ばかりで暴飲暴食、好きな肉ばかり食べていました。それが結婚してから奥さんがバランスの取れた食事を作ってくれるようになって次第に体臭が改善されたわけです。

ここから食べるものによって汗の分泌物に違いが出るのが分かります。エクリン汗腺からでる汗もしかりです。そうなるとそれをエサにしている皮膚常在菌も、同じ汗をエサにしていても汗の成分に違いがあるので、排出するニオイにも違いが出るのは簡単に想像できます。

日本人が欧米人の体臭をきついと感じるのは欧米が肉食中心の食事というのも関係しているのです。タレントのジローラモさんがイタリアにいるときは毎日肉食で体臭があったのが、日本に来て魚を主食にするようになって驚くほど体臭がなくなったとテレビでいっていたのもいい例です。

まとめ

肉食ばかりしているとトイレで出す排出物も臭いです。汗だって排出物ですからくさくなるのは当然です。でも汗じたいは無臭なのです。においは汗を食べた皮膚常在菌が排出します。臭いを抑えたいなら食べ物の内容を変えるのは有効です。

基本的に肉食中心の欧米食ではなく、昔ながらの日本食がいいです。理想は戦前の日本食ですね。動物性タンパク質、特に肉は控える。そして食べ過ぎない。調理法は油を多くつかう炒める・揚げるは控えて、焼く・煮る・蒸す・茹でるなどがいいです。