目の疲れにおすすめブルーライトを軽減してくれるアプリ

スポンサーリンク

スマートホンやタブレットを利用していて頭痛や目の痛み、なかなか眠れないなど経験したことはありませんか?もしあるならブルーライトが原因の可能性が高いです。そんなあなたにおすすめのブルーライト軽減アプリ。

スポンサーリンク

ブルーライトとは

ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。
ブルーライトとは

目の疲れ・痛みや睡眠障害など色々影響があると言われています。私の場合は長時間パソコン画面を見ていて、目の疲れ・痛み・睡眠が浅くなる・頭痛・気持ち悪くなるなどを経験しました。

ブルーライト軽減フィルター

ブルーライト軽減フィルターの種類

このアプリには3つの種類があります。簡単に違いを紹介。

  • 「ブルーライト軽減フィルター無料版」
    無料で使える代わりに広告が表示されます。最大で80%までブルーライトを軽減。フィルターの色を7色から選択できます。
  • 「ブルーライト軽減フィルター追加機能ナイトモード」
    こちらも無料でインストールできます。これだけでは使えなくて、「ブルーライト軽減フィルター」をインストールしていないと使えない。こちらは最大95%までブルーライトを軽減できます。
  • 「ブルーライト軽減フィルター 有料版」
    有料版は300円。無料版との違いは広告が非表示になるのと、ON/OFFスイッチのショートカットをホーム画面に置けるという2つです。

使い方

s_img_20160305_202749

インストールしたらスイッチをオンにするだけ。∧と∨だと軽減率が10%ずつ変化します。スライドだと1%単位で変化します。

補足

ちなみにスマホがzenfone5なら読書モードという機能があります。「設定」→「ディスプレイ」→「読書モード」から、読書モードをONにすればブルーライト軽減アプリも必要ありません。zenfone5しか知りませんが他のzenfoneシリーズでもついてるかもしれません。

コメント

無料版で充分だと思います。広告表示もアプリを開いた時だけなのでたいして気になりません。ナイトモードは無料ですが95%になると、かなり画面が暗くなるので逆に読みづらそうです。無料版で80%まで軽減できるので、あとは端末の画面の明るさを調節して読みやすい明るさにするのがいいです。

このアプリはiOS版はリリースされていないみたいです。同じようなアプリはあるので、気になった方はApp Storeで「ブルーライト」を検索してみてください。