Amazonがオーディオブックサービスを開始していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サービスの概要

7月14日、Amazonの子会社Audible(オーディブル)が、会社名そのままのAudibleというオーディオブックサービスを日本でスタート。

月額1500円で聴き放題という定額制の料金で、最初の1ヶ月間は無料で体験できる。

Androidのスマートフォンとタブレットで先行スタート。
ios版のアプリは現在準備中、夏頃リリース予定とのことです。

現在のタイトルは10000ないくらいと、少なめ。
今後の発展が期待されます。

補足

オーディオブックとは、その名の通り本を音声化したものを耳から聴く形態となります。
日本ではなじみが少ないですが、アメリカでは価格の安さもあり、かなり普及しいるようです。

オーディオブックは良いサービスだとは思っていましたが、日本ではいまいち普及していませんでした。
やはり価格が高いのと、オーディオブック自体が少ないというのがあると思います。

価格の高さに関しては、今回のAmazonの参入による、定額制によってクリアされました。
あとはオーディオブック化される本が増えるのを待つことになります。

Kindle本のようにAudible化希望ボタンとか出てくるかもしれませんね。

コメント

オトバンクからコンテンツ供給を受けているみたいだ。
オトバンクとはFeBe(フィービー)という日本最大のオーディオブック配信サービスを運営している会社だ。

自分はFeBeの会員でもある。
FeBeではAudibleのように定額制を採用していない。

わざわざライバル、しかもAmazonみたいな巨人にコンテンツを供給する意味は何なのだろうか?
Audibleではレンタル、FeBeでは購入という住み分けだろうか?

自分はFeBeが高いと思っていたので、今後はAudibleを利用すると思う。
そう考えるのは自分だけでなないだろう。

FeBeとAudible間での契約がどのようなものか分かりませんが、FeBeは会員が購入する不確定な売上よりも、会員が減るリスクを取ってでも、Audibleから得られる確かな報酬を選んだということになるのでしょうか。

しかし、相手はインターネットの巨人Amazonですので、いずれ喰われてしまう気がしてなりません。

Audible無料体験はこちら