Amazonプライム・ビデオ続報の続報

スポンサーリンク

Amazonプライム・ビデオがスタートするまでの間に新情報が分かったらこちらの記事でお知らせします。一番上が最新情報です。(最終更新日9月24日)
※プライム・ビデオがはじまったのでこの記事の更新を終了します。

スポンサーリンク

Amazonプライム・ビデオサービス開始(9月24日)

9月24日Amazonプライム・ビデオがサービスを開始した。てっきり前もって、「何日にスタートします」とホームページなどで報告があると思っていたが、何もないまま静かにスタートした。ホームページには今だに「プライム・ビデオ9月下旬スタート」の表示がそのままだ。告知がなかったおかげで日付が変わった24日深夜には、Amazonビデオのページをチェックして、プライムの表示を確認しておきながら、再生できるかまでは試さずじまいだった。速報記事は以下をどうぞ。

[kanren postid=”251″]

Amazonプライム・ビデオはアプリ内で再生(9月22日)

Amazon Prime: ビデオのダウンロード再生をサポート開始へ

Amazonの端末以外にもダウンロードできるようになるというのを聞いて、著作権とか大丈夫なのかと思っていたのですが、再生専用の「Amazon Videoアプリ」を提供して、そのアプリ内でのみ再生できるようにするみたいです。

Audible(オーディブル)と同じですね。定額でオーディオブックが聴き放題になるAudibleは、アプリをダウンロードしてアプリ内でオーディオブックを聴くかたちになります。解約するとダウンロードしたオーディオブックがアプリ内から削除されます。これと同じでプレミアム会員を解約するとダウンロードしたビデオも削除されるのではないでしょうか。

ダウンロードですが、確かAudibleはアプリ内にダウンロードでした。著作権絡みで外部メモリにはできないはずです。ということはダウンロードできるのは端末の容量に左右されるということです。映画は容量が大きいので、よく見る人はすぐに容量が限界に達します。

ただクラウド上には無制限で保存されると思ったので、見た映画は端末からは消去、また見たくなったら再度ダウンロードして見るといったかたちでしょうか。端末にお気に入りの映画を保存しておきたい場合は、容量の大きい端末を用意する必要がありますね。
追記:オフライン再生は下の過去記事で書きましたがアメリカ、イギリス、ドイツ、オーストリアから利用可能になります。日本はまだ未対応です。現在ダウンロードはFireタブレットのみ可能です。

[kanren postid=”257″]

Amazonプライム・ビデオのタイトル数とその中身(9月21日)

www.amazon.com

本家アメリカのAmazonのホームページを見ると、プライム対象のビデオが確認時点で18983作品になっている。ここから予想するに日本では数千タイトル〜1万タイトル位になるのでなないかと思う。なんとなく分かってきたが、イメージ的にはKindle本に対するプライム会員のオーナーライブラリーのような位置づけなのではないだろうか。オーナーライブラリーは月に1冊だがプライム・ビデオでは無制限。ただしタイトル数は動画配信サービスを事業の柱としている他の業者より少なくなる。肝心のタイトルの中身だが、これは「インスタントビデオ」(現在はAmazonビデオに名称変更)にある作品の中から選ばれると思われる。

※この記事はあくまで想像記事です。

Amazonstudent会員は無料体験中プライム・ビデオもオーナーライブラリーも利用できない(9月19日)

Amazonstudentについて
Amazonstudent会員は無料体験の6ヶ月の間は、プライム・ビデオも対象Kindle本が毎月1冊無料で読める、Kindleオーナーライブラリーも利用することができない。6ヶ月過ぎて課金されると利用できる。もしくは無料期間中に本会員になればすぐに利用することができる。

プライム・ビデオはダウンロード再生できる(9月18日)

プライム・ビデオはダウンロード可能

プライム・ビデオはダウンロードできるので、オフラインでもFireシリーズですぐに視聴できます。

新しいFireタブレットの発売が発表されましたが、そのタブレットの予約ページでプライム・ビデオがダウンロード可能と明言されています。ただしFireのページなのでFireではダウンロード可能という意味かもしれません。実際「オフラインでもFireシリーズですぐに視聴できます。」と書いてあります。少なくともプライム・ビデオサービスイン時に、アマゾンの端末ではダウンロードできるのが確定しました。

関連記事