戻るボタンが効かない時の対処法

スポンサーリンク

ネットサーフィンをしていると、前のページに戻ろうとブラウザの戻るをクリックしても、なぜかそのページから移動できないサイトがたまにある。パソコン初心者の頃はサイトの管理者が、自分のサイトから逃げられないようプログラムしているのかと思っていた。

中にはそんなサイトも有るかもしれないが、大抵はサイトの引っ越しが原因みたいだ。

スポンサーリンク

前のページに戻るには

こういったサイトに遭遇した場合、むかしはブラウザを一旦閉じたあと、新しくブラウザを立ち上げておりました。
chromeのようなタブブラウザであれば、ブラウザを閉じなくてもタブを閉じればすみますが、
これは面倒です。
戻るボタンを連打することで戻れる場合もある。
それで戻れなければ戻るボタンを長押しすると、最近表示したページの履歴が出るので、戻りたいページをクリックすればそのページまで戻れます。
※ブラウザによっては表示が若干違うが、基本同じような操作で戻れる。

サイトのアドレスが変更された場合に転送されるのが原因

Aというサイトにアクセスする。
AのアドレスがBに変更になったので、Aにアクセスしてきた人を自動でBに飛ばす。
Bのサイトに飛ばされた人が前のページに戻ると、一旦Aにいくのだが、転送がかかるのでBに強制的に戻される。

コメント

よくサイトにアクセスすると、何秒後に自動で移動します。というような表示に出くわしたことはないだろうか。
何秒後に移動というページであれば、その秒数の間は移動しないので転送される前に戻れる。
サイト運営者は、こういった一定時間後に転送されるように、猶予時間を設けるとユーザビリティー的にいいのではないだろうか。