増えがちなカード類を整理する

スポンサーリンク

増えがちな各種カード類、中には残しておくだけでリスクになるものもある。必要なカードでも、種類によっては写真を撮れば処分可能だ。カード類を整理した一つの参考例。

いらないけど記念にとってあるカード

例えばむかしの免許証。
「むかしの免許証はこんなにでかかったんだ」とか、「俺まだ髪あったんだ」とか、「今は使用できないけど捨てるのもちょっと」、こういうのは写真にとれば躊躇なく捨てれるようになる。

ネット銀行のセキュリティカード

最近のネット銀行では振込するときなどに、パスワードとは別にセキュリティ番号を求められたりする。
銀行によって違うが、大抵カードタイプかトークンだ。
これらは実物があると紛失リスクがともなうことになる。
カードタイプならば表裏を写真に撮って処分しよう。
セキュリティ番号がないと取引ができなくなるので、Dropbox等クラウドにバッアップをとっておこう。

資格証

資格を取得したもののまったく使用していない。今後も使用する予定がないなら、資格証の表裏を写真にとって処分する。
なお、運転免許証やパスポートは処分したら駄目だが、写真にはとっておこう。
写真がスマフォに入っていれば、身分を証明する必要がある時に役立つ。
ただし、車の運転で警察に運転免許証を求められたときに、実物を所持していなくても大丈夫かは分からない。
念のため実物も所持しておくのをおすすめする。

診察券

引っ越して明らかに行く可能性のない病院の診察券は捨てた。
かかりつけの病院や定期的に行く歯医者等以外は基本捨てる。
ただ、今後可能性は低いが行くかもしれない病院。
例えば耳鼻科だとかは写真を撮って捨てた。
注意点として病院によっては診察券の再発行は有料になる。
写真に撮っておけば、診察券の番号はわかるがそのまま使用できるかはわからない。
印刷して使えるかもわからない。
診察料を機械で支払うような病院は、診察券を挿入するので使えない。

証券口座のカード

むかし、IPO(新規公開株)の応募に申し込むためにかなりの数の証券口座を作った。
だがその後、ほとんど使用しないまま2年経って「みなし廃止制度」(いまはこの制度はなくなった)によって口座は解約された状態となっていた。
結果証券口座のカードが大量に残った。
いつまでも残していてもしょうがないのでハサミを入れて全部処分した。

ポイントカード

ついつくってしまったけど、めったに行かない店のポイントカードとかは捨てた。

最後に

スマフォに写真を保存したあとはクラウドにバックアップをとる。
そして、写真を見られないようにロックをかけられるアプリを使うか、スマフォ自体にパスワードを設定しておこう。