楽天銀行から手数料無料で引き出す方法

スポンサーリンク

楽天銀行の口座は持っておくと何かと便利な口座だが、お金を引き出すことに関しては不便に感じる。提携のATMなら、平日の昼間とかは手数料を取らない銀行が多いなか、楽天銀行はちょっと特殊で基本手数料を取る形になる。

一定条件を満たせば無料になるといった形だ。こういった条件を満たさずとも、手数料が無料になれば更に使い勝手が良くなるのだが。じつは条件を満たさずとも手数料無料で引き出す方法がある。それが今回紹介する楽天証券を経由する方法だ。

まずはじめに無料になる場合をまとめておこう。

スポンサーリンク

手数料が無料になる条件

口座開設から6ヶ月間はATM手数料が月最低5回無料

口座を作った時しか使えない。

入金が無料になる条件

  • ゆうちょ銀行本人名義からの入金は無料。
  • 入金は提携のATMで3万円以上であれば無料。
  • ハッピープログラムの会員ステージに応じて最大月7回まで手数料無料。

出金が無料になる条件

  • ハッピープログラムの会員ステージに応じて最大月7回まで手数料無料。
  • 楽天デビッドカードで決済すれば出金手数料がかからない。
  • 他行に振込するのに楽天ポイントを使用することができる。

入金も他の銀行に比べれば不便だが、ゆうちょ銀行という無料ルートがある。
対して出金は純粋な無料ルートがないのが分かる。

楽天証券を経由して手数料無料で出金する

1.楽天銀行から楽天証券への入金

楽天証券の口座を持っていない人はつくる必要がある。
楽天証券からマネーブリッジに登録(無料)する。
反映されるのに1日ほどかかる。
反映されると、楽天証券と楽天銀行間で、24時間手数料無料で入出金できるようになる。
移動したお金はリアルタイムで口座に反映される。

2.楽天証券から出金する

楽天証券の口座を作成するときに、出金する銀行口座を登録しています。
登録口座への出金は手数料無料でできるので、その口座に出金する。

まとめ

楽天銀行→楽天証券→銀行というように、間に楽天証券を挟むことで、条件なしに無料で引き出すことが可能となります。