Kindleの有料本を毎月1冊無料で読む方法

スポンサーリンク

Amazonプライム会員になると対象の和書2万冊、洋書60万冊から好きなタイトルを毎月1冊、無料で読むことができる「オーナーライブラリー」という特典があります。知っている人は何を今更と思われるでしょうが、知らない人のために書いておきます。ご存知の方はスルーして下さい。

Kindleプライム会員とは

お急ぎ便、お届け日時指定便がいつでも無料で使い放題。通常は以下の料金がかかります。

当日お急ぎ便:514円(税込)
お急ぎ便:360円(税込)
お届け日時指定便:360円(税込)

その他kindleまたはfire端末を所有していれば、対象のkindle本を毎月1冊無料で読むことができたり、プライムビデオが見放題でプライムミュージックが聴き放題などなど、かなりコストパフォーマンスの高い会員制度です。

その他特典はこちら

注意点

毎月1冊無料で読むにはkindle端末が必要になります。

Kindleの本はアプリをダウンロードすればスマートフォンやタブレットで読むことができますが、プライム会員の特典で読める本は購入ではなくレンタル的な扱いとなるため、システム的に専門の端末が必要になります。オーナーライブラリーを利用できるのは電子書籍リーダーのKindleシリーズかFireタブレットシリーズです。

年会費3900円がかかる。

無料で読めると書いておいて矛盾しているようですが、これはプライム会員の料金であって、本を月1冊読めるのは会員の1特典に過ぎないということ。元々この特典ははじめはなくて後から追加されました。それと3900円かかりますが1カ月あたりにすると325円です。325円以上の本を毎月読めば実質無料です。

ちなみにStudent会員だと年会費1900円です。

対象の本に限る。

プライム特典なので、プライムのロゴ表示がある電子書籍が対象となります。

とりあえずkindleの有料本を2冊無料で読む方法

上記注意点にも書きましたがkindle端末が必要です。プライム会員は無料で30日間体験することができます。

月途中にお試し入会してまず1冊対象の本を無料で読めます。翌月になったらお試し期間内中にもう一冊無料で読めます。

ただしお試し期間終了後に本会員になっても、その月はすでに無料で読んでいるので翌月にならないと次の本は読めません。

経験談

自分はアマゾンでよく買い物しますが、特に急いで商品がほしいということもないので、プライム会員って使い道ないなぁと思っていました。

その後kindle端末が登場してプライム特典で一冊無料で読めるようになりました。これが後押しして前々から興味を示していたkindleを購入して、プライム会員にも加入しました。

無料で読める本ですが、はじめの頃は325円以上の本とかなるべく高い本を読んだほうが得だと思いそのようにしていましたが、最近では価格はそれほど気にしておりません。タイトルから内容が気になるんだけど購入に踏み切れないような本を読んだりしています。

まとめ

kindle端末を持っていてプライム会員でない人は、お試し入会で1ヶ月間プライム特典を利用できます。その間に2冊対象の本を読めます。(※student会員の無料体験では無料で読めません)

本会員は年間3900円かかりますが、毎月325円以上の本を読めば実質無料で月1冊読めることになります。

月1冊無料特典は元々あとからつけられたもの、プライム会員費はお急ぎ便や日時指定便の料金だと思えば、kindle本は価格にかかわらず無料だともいえます。

アマゾンでお急ぎ便をよく(年間11回以上)利用するならプライム会員に入会して損はない。(その後プライムビデオやプライムミュージックといった魅力的なサービスが追加されました。)

今ならプライム会員限定でKindle端末を4000円引きで購入できます。無料体験でも4000円分のギフト券がもらえるキャンペーンをしていますので、端末がない人はこのキャンペーンで安く購入できますよ。

Kindleキャンペーン

Amazonプライム無料体験はこちら

関連記事

オーナーライブラリーの利用方法

オーナーライブラリー対象本を検索する方法