デジモノステーションのおまけSIMはライトユーザーなら是非とも手に入れたい

スポンサーリンク

デジモノステーション2月号をゲットしたので付録のソネットSIMのレビューと計測した速度の報告。

料金

通信量 月額料金
0〜499MB 無料
500〜2GB 100〜1500円
2GB〜5GB 1600円

※税抜料金

500MB未満なら無料。500MBから2GBまでは100MB毎に100円ずつ上がっていく従量制になっています。2GBから5GBまでは1600円の定額です。5GBを超過すると速度制限が入ります。制限時のスピードは記載されていませんが200kbpsくらいだと思われます。また追加チャージをすることで高速通信を利用できます。

追加チャージ 料金 利用期限
100MB 540円 購入翌月から3ヶ月後の月末
500MB 2268円 購入翌月から3ヶ月後の月末
1GB 4104円 購入翌月から3ヶ月後の月末

※税込料金

速度

s_img_20151228_184935

名古屋近郊でスピードテストした結果、爆速で驚きました。たまたまかも知れませんがこれは手に入れておいて損はないと思います。

注意点

  • SIMカードはnanoサイズなのでお持ちのスマホがnanoサイズに対応していない場合SIMアダプタが必要です。
  • SIMの利用は1人一枚まで。
  • このSIMはデータ専用でSMS機能の追加はできません。
  • 500MB以上利用した時のために登録時にクレジットカードが必要です。
  • 3ヶ月連続でデータ通信の利用がないと自動解約になります。
  • kindle版には付録はついていません。

解約時はSIMの返却が必要。なくしてしまった場合は損害金として3000円が請求される場合があるとのこと。

SIM返却先
〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
So-net 物流センター SIM返却係 宛

コメント

500MBまでなら無料で利用できますが、利用状況を確認するには毎回ログインする必要があります。専用アプリから気軽に見れないのがネックですね。使い過ぎ防止にスマホのデータ使用制限を設定しておくといいでしょう。

このSIMは使えば使うほどお得感が薄れます。最大の5GBでも高くはないですがもっと安いMVMOがありますのであえてこのSIMを使う理由もありません。ただし毎月5GBを使わず1GBや2GBの時もあるのであればこのSIMもありだと思います。

一番コストパフォーマンスが高いのは1GBくらいまでの利用でしょう。1GBまでならプラン最安を宣言しているDMMモバイルと同等の料金になります。500MBまでなら無料なので最強のSIMですね。ライトユーザーやサブスマホ用に使うのに向いています。今現在利用しているSIMがある人も無料の範囲で利用すれば、雑誌代だけで済みます。このSIMは開通期限が2016年2月24日までです。期限が迫ればマーケットプレイスの価格も下がるのではないでしょうか。

参考

DMMモバイル:1GB590円 5GB1210円
IIJmio:5GB1520円

0 SIM by So-netよくある質問

デジモノステーション 2016年02月号

関連記事